キャバクラ売上向上委員会

キャバ嬢の売上を上げる秘密のブログ

電話だけで100万円稼ぐ女達!営業方法公開、通話は◯◯で切る。

お疲れ様です。キャバクラ売上向上委員会です。

 

唐突ですが、皆さんはお客さんの営業に通話を使っていますか?

 

ラインだけ営業している女の子は、通話での営業も覚えた方が確実に今後の売上アップに繋がってきます!

 

なので、本日は営業で通話をするメリットや方法を解説していきす。

 

営業で通話をするメリット!

 

①未経験でも超効率良く営業効果が出る!

 

理由は簡単です。ラインだと送られた文章の内容しか相手は把握することが出来ません。

 

この文章力のみで人の気持ちをお店に行こうと思わせるのは至難の技です。正直、これが出来るなら小説家になる方が稼げます。

 

じゃあ、お客さんはあなたとの連絡で何を決め手に指名をしようと思うのか?

 

それは、あなたの人間味です。あなたの連絡の内容ではなくあなたの人間らしさにお客さんは惹かれていきます。

 

その人間味を出す一番手っ取り早い営業方法が通話です。

 

大切なのは、あなたの声をお客さんに聞かせる事です。これだけで、ラインだけの営業方法の女の子より1段階早くお客さんとの親近感を縮められます。

 

 

②来店予定を作りやすい。

 

皆さんも同じだと思いますが、面と向かって何かを断るときって躊躇してしまいませんか?

 

断り辛いというか、なんというか‥ハッキリしない気持ちになると思います。

 

特に男性は女性からのお願い事には弱いです。

 

なので、お店に誘うときは通話でお願いすると、直接断り辛い+頼りにされてる状態になるので、yesと言われやすいんです。

 

③判断までの時間が短い。

 

これは②に、近い所はありますが通話で質問をされた場合はすぐ答えないといけません。

 

ですが、ラインで質問をされた場合は、その答えを出すまでの時間の猶予が与えられます。

 

要するに、制限時間のないテストのような状態です。制限時間がなければ、回答をミスしてしまう可能性はかなり低いですよね。

 

キャバクラで言うなら、行く=お金がかかります。それに、今週の予定など色々な要因を考えて女の子には返事をすると思います。

 

ですが、これはラインで聞いたときの場合です。ゆっくり計算して更には断る言い訳を考える余裕があります。なので誤答は少ないです。

 

これが、通話の場合はどうでしょうか?

 

断る理由が浮かばず、今月の出費を計算せずに予定も整理してない状態でお願いされた場合、何となく行けそうな気がするから行くよと言う人が現れます。

 

そして、1度約束をしてしまうと更に断りにくい(断ってくる奴もいる)状態になってしまいます。結果、電話の一言から来店までしてしまった。

 

なんて事は良くあります。

 

因みに、約束を破られた場合は、約束を破られて怒るし!悲しいし!でも、許す私は偉大だとマウントポジションを取りに行きましょう。

 

今後の優位性が変わってきます。

 

 

どうでしょうか。少しは電話してみてもいいかな?と思ってもらえましたか?

 

それでは、ここからサクッと、電話営業意識してほしい事をご紹介します!

 

電話は長くても5分以内に終わらせる。

 

これです。理想は3分で構いません!

 

この短い時間で、話を盛り上げに盛り上げるだけで構いません!

 

よく3分経ったらどうすればいいの?って聞かれますが切ります。これだけです。

 

 

話の途中でも『電車来たから~』とか『(付け回しに)呼ばれたから~』とか何でもいいので理由を作ってごめんねーとか良いながら電話を切りましょう。

 

電話だけで満足させない!これが重要です。もっと喋りたかった!質問の答えを聞きたかった!そう思われるように電話を切ることが重要です。

 

 

だらだら通話時間だけが過ぎても意味ありません。自分の事を好きになって貰うなら、電話は気になるときに切るに越したことはありません。

 

 

電話を掛けるのが大切

 

これが最後になりますが、お客さんからの電話に出るより自分からかけた電話に出てもらう事を意識しましょう。

 

これは、あなたとの電話に特別感を演出する方法の1つです。

 

簡単な話、自分から電話をかけて出なかったらラインに『ごめんねー!ちょうど休憩中だったから声聞きたくて電話しちゃった!』いれて折り返しの電話には出なくて良いです。

 

着信を入れるメリットは特別感以外にも、もうひとつあります。

 

それが、気になる事です。

 

着信履歴を見て不在着信が合ったときって皆さんどうですか。何かあったのか気になりませんか?電話の内容が気になりますよね?

 

このあなたの事を気になる状態に、着信を入れとくだけでしてくれます。

 

自動であなたの事を、気になる人リストに入れてくれる着信履歴の威力、1度試してみてはいかがですか?

 

本日はここまで次回の更新をお楽しみください。

キャバクラの女の子を成長させる裏技‼️

お疲れ様です。

本日はマネージメントについてのお話です。

 

 

店舗さん必見のマネージメント方法のご紹介します。

 

因みに、マネージメント以外でも女の子なら、お客さんを良いお客さんに教育するためにも使える心理誘導方法になります。

 

この記事では、マネージメント講座として書きますが、女の子の営業にも応用してもらえる内容を考えてきました。

 

 

皆さんは、女の子のマネージメントをするときに気を付けていることありますか?

 

『怒る所はしっかり怒る!』

『ついつい甘やかしてしまう』など

 

様々な声が出てきそうな内容ですが、私が女の子のマネージメントで気を付けていることは

 

新人をNo.1と思って扱うです。

 

凄い簡単でしょ?

 

新人キャストを来月再来月のNo.1だと思って扱うだけです。もうこれだけです。

 

あれやこれや教えていくのも良いですけど、女の子には期待をしてあげる。

 

これが1番大切です。

 

 

そう言っても、いきなりNo.1と思うのは難しいので、期待感を持たせる話し方を教えます!

 

『私は褒めて伸びるタイプだから~』とかバカなことを言う女の子っていると思いますが『確かに』と私は思ってしまいます。

 

『頑張ったねー。』とか

『凄いねー。』とか

いっておだてて伸ばせって事ではないですよ。

 

未来の期待をしっかり伝えると言うことです。

 

新人キャストに私が言うことはこんな感じです

 

『◯◯ちゃんは、いつも連絡先交換して偉いね!連絡もマメに取ってるし、この調子なら来月にはNo.1だね(^^)笑』

 

これは席を抜けてきた女の子に言った言葉です。こういう風に、毎回言葉を選ぶようにしてます。

 

ポイントは3つあります。

 

①女の子の行いについて

②店としてやってもらいたいこと

③結果を求める

 

この3つです。

 

1つ目の女の子の行いについては、女の子が実際に行った事から会話を始めると言うことです。

 

そりゃそうですよね。連絡先を交換してない人に、連絡先を交換して偉いね!なんて言ったら笑われてしまいます。

 

ただ私はこの時『いつも』と付けるようにしています。この場合は『いつも交換した方がいい』ってことを伝えるためですね。

 

 

2つ目のポイントはお店としてやってほしいことを伝えるです。

 

先程の例えから言うなら『連絡もマメに取ってる』ここの部分です。

 

これは実際に女の子が連絡を取っているかは確認してません。ですが、連絡もマメに取っているしと断言してしまいます。

 

これに関しては『マメ連絡取っている私』とスリコミしていっている感じです(笑)

 

3つ目が結果ですが、No.1になってくれれば良いですが、要するに指名を呼んでくれって事です。

 

この3つを意識して話すようにしています。

 

 

この期待して話す方法をレッツチャレンジしてみて下さい

1度来なくなったお客さんへの営業方法

お疲れ様です。キャバクラ売上向上委員会です。

 

本日は1度来なくなったお客さんへの営業方法を解説させていただきます。

 

皆さんは、最近来なくなったお客さんや切れたor切ったお客さんに対して営業をかけた事はありますか?

 

最近のキャバ嬢は、来ない人やめんどくさくなった客をすぐブロックとかしてるイメージですけどどうですか?(偏見)

 

もしブロックや拒否をしている場合は、損をしている可能性がありますよ。

 

実は1度来なくなったお客さんは、また来てくれる可能性があるんです。

 

この記事に出会ったあなたは色恋でめんどくさくなったお客さんなどをすぐブロックするのは辞めましょう!

 

 

お客さんが来なくなる理由

 

キャバクラには色々な人が飲みに来ますよね。あなたのお客さんでも色々なタイプの人が来ると思います。

 

それと同じぐらい来なくなったお客さんも卓さんいると思います。

 

指名で来ているうちに求めるものが大きくなってめんどくさくなって切った。なんて事もあるのではないでしょうか?

 

お客さんは、あなたを指名してお金を使います!お金を使えば使うほど、見返りを求めてしまうのは仕方ないことです。

 

ですが、あなたはお客さんが求める見返りの全てを提供することは難しいですよね。

 

あなたの提供出来る範囲と、お客さんが求める範囲に差が出れば出るほどお客さんは来なくなる可能性が高くなります。

 

なんか仕方ないような気もしないではないですね。

 

ですがここで諦めるのは良くないです!なぜなら、あなたは指名を呼んでお金を稼ぐ訳ですから、言い方を考えないでいうとお客さんのお金を吸い付くしてこそプロです。

 

自らめんどくさくなったから、連絡をブロックする必要はないんです。

 

 

じゃあ、めんどくさい人の対応はずっとしないといけないのか。これは違います!

 

では、どうすればいいの?

 

それはお客さんは切った風でいいんです。

 

 

お客さんを切った風とは?

 

1度めんどくさい人や来なくなったお客さんはあなたに対して何かしらの嫌な気持ちがあるんです。

 

例えば『付き合ってくれない』や『お金を使わされた』など様々です。

 

行きたいけど転勤で行けなくなったなどの理由がない限り殆どはあたなの行いに対しての不満が大きくなってお店に来なくなります。

 

この時に、あなたがするべき事はお客さんに時間を作ってあげる事です。

 

プライベートの時間を使えと言うわけではありません。

 

お店に来ない時間を作ってあげる事です。要するに、営業をしない期間が必要ってことですね。

 

営業をしない期間は最低でも2ヶ月~MAX半年です。

 

 

なぜ営業をしない期間を作るのか?

 

あなたは昔を振り返ってどう思いますか?

 

例えば昔の彼氏や彼女を懐かしく思ったり

 

学生時代はみんなで楽しくワイワイしてたなー

 

なんて思ったりしませんか?

 

 

実はこれは記憶が美化された可能性が高いです。実際は昔付き合った彼氏も嫌なところがあったから別れている訳です。

 

学生時代は楽しく過ごす1面人間関係や将来の不安が合った可能性もあります。少なくとも昔は昔なりの悩みがあったはず。

 

ですが、時間が立てば立つほど楽しかった記憶だけが残ってしまい昔はよかったと錯覚しているんです。

 

人間は、過去~現在~未来にかけて3つに分けたときに、トータル的に生活に変化がなくても現在の自分が1番不幸だと思う物です。

 

勿論、不幸だからこそ未来の自分に期待して発展をし続けてきている訳ですから、ダメなことではありませんが、その反面過去の事は良かったと思うのです。

 

 

この記憶の美化利用する為に、営業をしない期間を設ける訳です。

 

 

嫌だった自分を、過去の人にする。

 

ここまで読めば何となくわかると思いますが、あなたに対して不満があったお客さんを時間を利用して美化させる。

 

これが本日のテーマに繋がります。

 

いいですか?

 

1度不満がMAXに溜まったお客さんは、今が一番不幸だと思っているんです。あなたがどう頑張って営業してもそれはお客さんの裁量次第になってしまいます。

 

だからこそ、1度時間を置いて不満が溜まってたお客さんを過去にしてから、現在の自分が不幸だと思っている新しいお客さんにしてから、未来にまた指名で呼ぶ。

 

この流れを作ることを、お客さんを切った風と呼びます。

 

お客さんを切るのではなく、未来の新規指名に変えるイメージです。

 

 

そんな上手くいくの?って叩かれそうですが使える方法です。実際に、最初は色恋でめんどくさかったお客さんが時間を開けたら良客に変わったなんて話はざらにあります。

 

しかも、日本人の恋愛感的にも1度別れた異性と復縁したことのある割合は半数以上だったと統計も出てます。

 

まさに、記憶の美化が行われて嫌だった彼氏や彼女と復縁するパターンの象徴ですね!

 

因みに復縁したカップルが続いた割合は1割以下らしいです。戻っても結果嫌だから別れたんだから嫌になって別れる可能性も高いということですね。

 

キャバクラでも同じですが、勿論すぐ来なくなる可能性もあります。ですが、1度指名で来るだけでもキャバクラなら儲けもんです。

 

しかも、1度色恋から脱却して指名で来るお客さんは、友達感覚で来てくれる可能性も高いですからチャレンジあるのみです。

 

 

久しぶりに連絡する内容は?

 

気になるところであげられるのが、どういった内容のラインをすればいいかです。

 

内容的には、なんでもいいんですが、やはり昔同伴でつれてってもらった場所の話だったり

 

お客さんの好きだったものの話がベストですね。

 

『久しぶり、何してるの?』だと素っ気ないので

 

『この前近く通って思い出したんだけど、◯◯さんと行った居酒屋美味しかったよね。』とか

です!

 

お客さん誕生日に連絡してあげるのもいいです。覚えて貰ってる事は、それだけで嬉しい事ですからね。

 

 

とにかく、昔の良かった記憶を呼び覚ましてあげることを意識して連絡のやり取りを再開するといいです。

 

なので、ラインのトーク履歴などは取っておいていざというとき、お客さんの気分が良かったときのラインなどを見返してその中から久しぶりに送るラインの内容を選抜してみましょう。

 

 

まとめ

 

切れそうなお客さんでも、自らブロックや削除をせずに今後は時間を上手く利用しましょう。トーク履歴などは、どんな時でも営業の為になるので削除は厳禁です。

 

1度嫌になった人も、記憶の美化を利用することで再び指名で呼ぶことは可能だと理解すれば、今めんどくさいお客さんをどうするか選択肢が増えますよね!

 

それだけでも、あなたの心の余裕に繋がると思います。

 

本日は以上です。

人気キャバ嬢程、売れるトリックを暴露。

お疲れ様です。キャバクラ売上向上委員会です。

 

 

本日は営業についてのテクニックです。

 

①お客さんと連絡をしていても指名に繋がらない。

②お客さんがメル友みたいな感じになってきちゃう。

③お客さんから連絡を止められちゃう。

 

それは、あなたの連絡の取り方に問題があるかも知れません。

 

本日は新人キャバ嬢が疑問に気になるお客さんには、どんな頻度でどういう連絡をすればいいの?について解説していきます。

 

 

売れるキャバ嬢は連絡がマメ!?

 

まず最初によく聞かれる疑問についてです。

 

それが『売れているキャバ嬢は連絡がマメなのか』新人キャバ嬢としては一番気になる部分だと思います。

 

ズバリ、売れているキャバ嬢は、連絡がマメです。

 

特にお客さんの趣味や仕事など、プライベートな情報をメモなどに残していつでも引き出せるようにするマメさを持ってます。

 

ですが、マメと言っても一人のお客さんに対してというよりは、連絡を取っているお客さんの総数を基準にしてマメだと思うってイメージです。

 

なので、新人キャバ嬢が連絡を取るお客さんの人数が少ないときに、マメに連絡を取ろうとすると連絡を取りすぎてメル友感覚になってしまう事が多いです。

 

一人のお客さんに対しては、それなりにしか連絡は取ってないけど人数が多いからマメだと言えると言った方がいいですね。

 

あとは、売れているキャバ嬢の連絡の取り方としては出勤前~出勤までに話の流れが出来ている事があげられます。

 

例えば、売れるキャバ嬢は出勤前にお客さんと連絡を取り出して、会話が進むといつの間にか出勤している。又は、出勤する。

 

売れないキャバ嬢は出勤してから連絡を取り出して、出勤報告をする。こんな感じですね。

 

もっと言えば、売れないキャバ嬢程出勤している時にお客さんと連絡を取り合う回数が多くなります。

 

新人の頃は、"出勤している時に連絡する回数"が、"出勤していないときに連絡する回数"を超えないように意識するといいです。

 

 

指名が多い女の子程指名が増えるトリック

 

キャバクラには指名が多い女の子程指名が増えるトリックが実はあるんです。

 

これを理解して意図的に出来る女の子は必ず売れます。そのトリックを説明させて頂きます。

 

 

まず指名が多い女の子は=連絡を取っている人数が多いです。

 

さらに、指名が多い女の子程新規との連絡先交換に積極的です。

 

じゃあ、すでに連絡を取っている人数が多い+新規との連絡先交換をしているとどうなると思いますか?

 

一人に対して連絡できる頻度が減って、ましてや、連絡の返信が出来ない人が出てきます。

 

要するに、ラインで言えば朝起きたら未読のラインが数十件~数百件溜まってしまう状況です。

 

こうなるとお客さんが女の子との連絡を待つ状態が続きますよね。この状態が良いんです!

 

更に、人気キャバ嬢はお客さんが質問してくる時、要するにあなたの返信を求めているときに返信をしない傾向があります。

 

多分、質問だと既読をつけてしまうと返答しなきゃいけない感があって後回しにしているのかなと思いますが、素晴らしいですね。

 

これを計算でやっている女の子は、凄いです。

 

これって、アニメやドラマなどでも使われている方法なんです。

 

アニメやドラマって決まって気になるところで終わってまた来週!みたいになりますよね。

 

視聴者からしたらテンションが高まった時に終わるので『スッキリさせてくれー!』ってついつい思ってしまいますよね。

 

このように視聴者は気になるところで終わってスッキリしない=話の続きが気になるようになります。そしてまた来週見てしまう→ハマってしまう。

 

この流れが出来るのです。

 

人気キャバ嬢はどうしても連絡を取る人数が増えてしまうので、1回の連絡の質を上げて、返信は待ってもらう必要があります。

 

連絡を取っているのに指名が来ないキャバ嬢のラインの共通点として『1つの話題をきっちり終わらせてからラインを終了させる』事があげられます。

 

勿論、仕事の連絡や友達との約束を取り付けたいならスピーディーに話を進めた方が良いときもあります。

 

ですが、キャバ嬢はお店に指名で来て貰いお金を使ってもらうために連絡を取る訳ですからスピーディーさは必要ありません。

 

24時間迅速対応スピーディーな保険屋さんみたいな商売でない限りは満足感もスピーディーさも必要ありません。

 

 

購買意欲を高めるのは"ふ"

 

あなたはキャバ嬢として自分と言う商品を買わせないといけません。

 

あなたは自分を売り出す商売人なんです。商売の基本は"ふ"です。

 

お金という対価を貰って、お客さんの"ふ"を解消するんです。

 

 

例えば、洗濯機を買う人は洗濯機がないと不便だから買う。

不眠だから良い寝具を買う。

不便だから車を買う。

 

世の中には"ふ"を解消する為の商売がほとんどです。

 

それでは、キャバ嬢はどんな"ふ"を解消すればいいのか?

 

それは、不満や不安です。

 

あなたは、お客さんの日頃の不満や不安を解消させてあげる必要があります。

 

ですが、他の商売と大きな違いが1つあります。それはキャバ嬢は商品である自分が自ら満足したお客さんを、もう一度不満や不安にさせる事が可能であり、何度も購入して貰う事が出来ると言うことです。

 

要するに、連絡を取り続けて常に満足した状態にお客さんをしてしまうとあなたを買う気にならないのがお客さんの心理なんです。

 

不思議なことを言っているようですが、当然の事です。

 

あなたは今のテレビに満足しているのに、新しいテレビを買うために何十万も使いますか?

今の布団がお気に入りなのに、新しい布団を買うために何十万も使いますか?

 

殆どの人は、使わないと思います。

 

あなたを買う為には"ふ"から満足に変わる見返りが必要なんです。

 

だから、人気キャバ嬢はすぐ連絡が返ってこない"ふ"を演出しつつ最高の気遣いや接客を提供することで自ら作った"ふ"を解消するんです。

 

 

サボりとは別物

 

新人キャバ嬢が意図的にこの"ふ"を演出する事は、かなり難しいです。難しいと言える理由は普段の気配り目配り心配りが出来てない可能性があるからです。

 

ただ連絡の頻度を抑えても、さぼりをしてしまってはお客さんにもバレてしまいます。

 

前提として『少し連絡が遅くなっても努力家の◯◯ちゃんだから仕方ない。』ぐらいの認識をお客さんに持たせてあげれるぐらいじゃないと厳しいです。

 

その為にはやはり自分自身が面と向かってお客さんと接しないといけませんよね。

 

キャバクラって難しい…。

 

天才以外には近道はないから、地道にお客さんを増やして自然にすべての人に連絡が回らないぐらいが丁度いいのかも知れません。

 

 

最後にアドバイス

 

お客さんと連絡を取る際には、お客さんからの質問は返答に時間をかける。

 

話題の終わりには、必ずこちらから具体的な質問をしてあげる。

 

この2つを意識して連絡を取れると、丁度良い頻度で連絡が切れないようになります。

 

あとは、あなたの熱意を添えてあげれば完璧ですね!

 

本日はここまで

キャバ嬢の仕事の掛け持ちや副業について

お疲れ様です。

キャバクラ売上向上委員会です。

 

本日の記事は、指名の取り方や営業のテクニックなどの話では無く個人的な意見が中心になります。

 

内容的には、タイトルにある通りキャバ嬢のダブルワークや副業についてです。

 

先にお伝えしときますが、私はキャバ嬢のダブルワークや副業には反対派です。なので、内容を想像して不快になりそうな方は閲覧を辞めた方が良いです。

 

 

 

 

キャバ嬢のダブルワークについて

 

本日の本題に入りますが、キャバ嬢のダブルワークや副業について私は否定派です。

 

その理由は、最近キャバクラで働く事に対しての偏見が少なくなったのか気軽に応募してくる人が増えた気がします。

 

特にダブルワークで週1回や2回の出勤で希望する方が増えました。ハッキリいいますが、そう言う女の子はキャバクラを甘く見すぎです。

 

キャバクラは完全実力社会です。ダブルワークで軽い気持ちで働きだして結果が出るほど甘くありません‼️

 

結果を残せる女の子はそれなりの努力の見返りに高い給料を貰っています。お店としても永遠売れない商品を棚に陳列し続けたりはしません。

 

勿論、週2だろうが結果を出す女の子はいます。ですが、ラクして稼いでは100%ないんです。

 

本業の事ばかりを気にして働いている女の子は、コンビニの深夜勤務でもしましょう。

 

キャバクラで生き残れるのは、キャバクラと正面から向き合える女の子だけです。

 

しかも、副業をしないと生活が苦しいとか贅沢が出来ないとか、こっちは知らないよって話です。

 

慈善事業団体じゃないんだから、あなたの生活を豊かにするために、お店をやっている訳ではありません。

 

ましてや、普通に1ヶ月仕事してて生活が苦しいなら生活水準落とすしかないでしょ。あなたの生活の仕方が問題あるし、それじゃ本業にも差し支えでるでしょって思いますよ。

 

 

そういう人だから働いていても、安定した生活が出来ないんでしょうけど『遊びたいからキャバクラで働くけど、昼職は辞めたくない。』こんな思考回路ではどんな仕事をしていてもその人のスキルにはならないと思います。

 

生活を豊かに出来るのは、その人の能力次第です。『私は昼職じゃ生活が苦しいから、キャバクラを極めて生活を豊かにするんだ』ぐらいの気持ちで辞表出す覚悟で面接に来るぐらいじゃないと無理ですね。

 

お客さん0人から1人づつ増やしていくのがどれくらい大変か理解してないです。想像力の欠如ですよ。

 

 

お給料日には、週2とかでもしっかり結果を出して頑張っている女の子に申し訳ない気持ちに店舗側はなりますよね。

 

結局何が言いたいのかと言うと、兼業でやりたいなら専業でやるより気持ちを高めないと無理だし、昼職がやりたいなら昼職で頑張る方が良い。

 

生活が苦しいぐらい我慢して能力をあげた方がいいし、生活が出来ないなら生活水準下げるか実家に戻りなさい。

 

生半可な気持ちでキャバクラに行っても得しません。

 

 

キャバ嬢の副業について

 

私が言うキャバ嬢の副業とは、キャバクラをメインで働いていて副業をする女の子です。

 

キャバクラを副業的に始める女の子はダブルワークのくくりで話してます。 

 

キャバ嬢の副業についてですが、これに関しては女の子によりますけど

 

副業を始めたい女の子が、今のお店でNo.1なら全然良いと思います。ただキャバクラですら中途半端なのに、副業を始めたい女の子は意味が分かりません。

 

どんな副業も簡単に稼げるわけないのに、本業もおぼつかない女の子がやって何がしたいの?って感じです。

 

ただ副業を始める女の子は、大体自分の力を理解して始めるので気軽に始める女の子は少ないと体感で思います。

 

自分の回りではトッププレーヤーが、副業を初めて気道に乗ったら独立国するみたいな流れが多かったです。

 

因みに、私のブログ活動は副業ではありません。趣味です。

 

収益化を目的としている訳ではないので、自由に好きなタイミングで書ける。だからこそ、続けていけると私は思ってます。

 

ましてや、ブログで書いた内容はあとから見直せば手帳代わりになるし、内容を濃くすれば今後の新人教育資料にもなり得るので、一石二鳥な気分です。

 

これで、収益が出てしまったら目が飛び出るぐらいラッキーですよ。

 

 

ブログなどネット系の副業を考えている人について

 

これ全く話変わりますけど、言わせてください。ブログで副業をしようとか思っている人は考え直そう(笑)

 

働いていた方が100%稼げる!

 

自分自身がネットに関しては全くの無知&ビジネスをしようとしてないから勉強してないのも原因ですが、ブログで生計を立てようと思ったら、1ヶ月で挫折していたと思います。

 

もうね。このブログを副業と考えてたら本業に支障出ますね。趣味だから続けてますけど、収益目的だと難しすぎて勉強に時間を取られ過ぎてしまいます。

 

 

本当にブログで生計を立てようと考えている方は、応援しますが無茶な内容ではなく自分が後で見返しても役に立つ話題の方が続くかもです。

 

これに関しては自分が言えた義理ではありませんが余計なお節介だと思い聞き流してください。

 

 

 

めんどくさいことでも出来るようになるコツ

お疲れ様です。

キャバ嬢育成企画のお時間です。

 

本日のテーマはめんどくさいことでも出来るようになるコツをご紹介します。

 

キャバ嬢をやっている人は、わかると思いますが、キャバクラのお仕事ってめんどくさいことばっかりですよね?

 

 

勿論、キャバクラ以外のお仕事や、私生活でもめんどくさい事ってあると思います。

 

 

このめんどくさいことを簡単に出来るようになれば、あなたの生活が豊かになると思いませんか?

 

 

特にキャバクラでは、あなたがやった成果が回りからの評価に直結していて収入にも影響がでるお仕事です。

 

 

ですが、いざ頑張ってお客さんに営業をしようと思っても、テレビやYouTubeをついつい見てしまい、本来は自分の収入に繋がる大切な時間を後回しにしてしまう事ってあると思います。

 

 

テレビのバラエティやYouTubeのエンタメ動画を何気なく見て1時間過ごしても、あなたの収入が増えるわけでもないし、知識が入って今後の糧になるわけではないです。

 

一方、お客さんとのLINEを1時間作れば収入も上がるし、キャバ嬢を続ける上での経験は得られます。

 

 

芸人とか俳優を目指して、自分の勉強の為にテレビ等を見ている人を除いては、自分の収入が今後上がる方の後者を選んだ方が来月再来月の自分の為になるわけです。

 

 

ですが、そうと分かっていてもなかなか出来ない。これが現実ですよね。

 

 

めんどくさいことから目を背けてしまう理由

 

人間の脳は疲労する事に、ストレスを感じてしまうので、収入には繋がるけど大変な営業より、何も得られないから疲れない無駄なテレビを選ぶようになります。

 

これがめんどくさいことを出来ない。又は、後回しにしてしまう理由です。

 

逆に言えば、何もしない何も得ない人生は、あなたにとってもっともストレスのない人生とも言えます。

 

ま、そんなこと言っていても収入ないと生きていけない訳ですから働きますけど、どうせ働くなら無駄を無くすことが大切ですよね。

 

 

『じゃあどうやってめんどくさいことでも、ストレスなく出来るようになるの?』って話に戻りますが、目的を漠然と決めないのが大切です。

 

 

目的を漠然と決めないとは

 

まず最初に新人キャバ嬢が教わることは、お客さんと連絡取って指名を呼んで収入が上がるです。

 

この流れを聞いて『よし!私は毎日お客さんと連絡取る』と、最初は決めるわけです。

 

この『毎日お客さんと連絡を取る』が漠然としているんです。

 

よく『私、明日からダイエット頑張ろう』とか『毎日腹筋◯回する』とか決めても続かない人っていますよね。

 

これと同じ事してしまっているんです。

 

『』の中身は、自分でダイエットとか筋トレとか頭の中で続かないけどしたいことに変えて考えてもらって大丈夫です。

 

 

めんどくさくて続かないことを続けるようにするには、漠然としている『毎日お客さんと連絡を取る』をもっと細かく決める必要があります。

 

いつ、どこで、どうやって、何分、どういう気持ちで取り組む。とかです。より細かく行うことを決めて、最初は忘れないようにチェックシートなどに記入するといいです。

 

例えば『毎日、朝起きて歯を磨いているときにまだ眠いけど◯人のお客さんにLINEを返す』とか『毎日、電車や車の移動中に満員電車でギュウギュウになってイライラしているけど◯人のお客さんにLINEを返す』とか

 

より具体的に決める訳です。

 

最初はこの決めたことをメモを見ながらでもいいから達成するようにします。

 

 

決めたことが続かない原因

 

失敗する主な原因は、最初から多くの人数に送ろうとしてしまう事です。

 

あなたがキャバクラを始めたばかりなら、最低でも1ヶ月ちょいは保証期間があると思います。

 

焦る必要はありません。この保証期間中に、お客さんと連絡を取る習慣を身につければいいだけです。

 

なので、最初は5人のお客さんと連絡を取るなど簡単に出来る人数から始める。

 

1週間毎日出来たら、人数を10人に増やす。

 

また1週間毎日出来たら、人数を15人に増やす。

 

このように最初は負担の少ない人数から初めて徐々に人数を増やして、習慣にしていく事が大切です。

 

 

駄目な例として、新人のやる気に任せてバシバシ最初から限界までお客さんと連絡を取る女の子です。

 

最初から多くを行うことは、イコール素人が最初からプロ野球選手と同じ練習メニューを行うのと同じことです。

 

確かに最初からプロ野球選手と同じ練習メニューをこなせる才能があれば、成功する確率は高くなりますが、その分自分では出来ないと挫折する可能性が高くなるのでオススメしません。

 

ダイアの原石のまま自分では無理だと諦めてしまうのは、本当に勿体ないです。

 

 

新しく出てきた事は、今まで出来たことと一緒に行う

 

キャバクラで言えば、営業はLINEだけではありません。通話も大切な営業方法です。

 

LINEをする人数が増えれば増えるほど通話をする機会が増えていきます。

 

この時に、いきなり通話ばかりしてしまうとせっかく慣れてきたLINEでの営業が嫌になってしまいます。

 

ですが、通話をしなければいいという事ではありません。お客さんとの通話はLINEより重要だからです。

 

じゃあ、もっと効率よくお客さんを呼び売上を上げるためにキャバ嬢は通話を駆使する訳ですが、どうすれば自然と通話が出来るようになるのか。

 

それは、今までのLINE営業と一緒に行う事です。

 

具体的に説明すると、あなたは今15人のお客さんとLINEをすることに慣れてます。

 

この15人のうち1人だけ、出勤前の電車を待っている時間や電車を降りてから店につくまでの時間通話をすると決めるんです。

 

この時も同じように最初は少ない人数から初めて、1週間出来たら2人に増やす。など徐々に人数を増やす事を意識してください。

 

 

最初の1歩を踏み出してからは、自分のペースで慣れていくそして1人ずつでもいいから前に進む。これだけを確実に行うことが、めんどくさいことを出来るようになる方法です。

 

 

まとめ

 

①やりたいことは、明確に決める。その時の自分の感情や状態も想像する。

 

②チェックシートなどを活用して、毎日やることを確認する。

 

③最初は少ない負担から徐々に増やしていく。

 

④新しく行うことも、少ない負担から初めて、すでに出来ている事と一緒に行う。

 

 

以上です。

 

 

この記事が良かったらシェアお願いします。

未経験から始めるキャバクラで100万円稼ぐまでの道⑤

お疲れ様です。

未経験100万円シリーズの更新になります。

 

 

本日はキャバ嬢が一番最初にする重要なお仕事について解説していこうかと思います。

 

重要なお仕事と言ってもいくつもあるんですがこの中でも、本日覚えてほしい事が1つあります。

 

それがお客様への連絡先の聞き方についてです。

 

未経験の女の子だと連絡先を聞いたりするのが恥ずかしかったり、重要度を理解していない子も中にはいます。

 

 

これだけは、理解してください。

お客様との連絡先の交換は、めちゃくちゃ重要です。

 

連絡先の交換ができないなら、一生売れないしキャバ嬢を辞めた方がいいです。

 

連絡先の交換は、それぐらい基本中の基本で重要な事なんです。

 

 

連絡先の交換が重要な理由

 

なぜ連絡先の交換は重要な理由は、単純にお客様へ連絡が出来ないからです。

 

基本的には、お客様との連絡=自分のセールスに当たります。

 

そして、商品の質=あなた自身。

 

どんだけ良い商品があっても売り出さない限り、商品を買ってくれる人は現れません。

 

倉庫に眠ってる1番良質な物より、店頭で販売されてるそれなりの物の方が売れる確率は高いです。

 

あなたが良い商品であればあるほど、お客様と連絡先を交換して、商品を売り出すことをしないと勿体ないですよね。

 

そして、どんだけ良い商品でも売り出さない限りは、買い手は見つかりません。この買い手を見つける事が連絡先を交換する行為にあたります。

 

 

連絡先を聞く方法

 

ぶっちゃけ、連絡先を交換するなら方法なんてあまり気にしなくていいと思います。

 

まずは、必ず連絡先を交換する事。この1歩がキャバクラではめちゃめちゃデカイ。

 

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。と言いますが、まさにこの通りで最初から上手にトークを持っていって連絡先を聞ける必要は全くなくて、下手でも良いから連絡先を聞く。

 

これが出来るか出来ないかがキャバ嬢としての大きな分かれ道になります。

 

1日でも早く連絡先を聞くことを習慣付ける事が、あなたの収入をあげる1番の近道になります。

 

 

話の流れで連絡先を聞く

 

何だかんだ言っても、上手く聞く方法が知りたい女の子の為に1つアドバイスをします。

 

それは、約束をした後に連絡先を交換する事です。

 

どういう事かと言うと『さっき◯◯の居酒屋に行ってー!』『この前◯◯ってところに遊びに行ったときに』

 

こんな会話が出てきたときに『えー私も行きたーい!今度一緒にいこうよ。』など誘い流れを作ってから『じゃあLINE教えて!』と切り出します。

 

こうすることによって、連絡先交換に条件付けをすることが出来ます。

 

 

連絡先交換に条件付けをするのメリット

 

この条件付けをすることで、記憶の定着率をあげる事が出来るんです。

 

人間の記憶は曖昧なもので、特に意識していないものに関しては、すぐ忘れてしまいます。

 

代表的な例えをするなら、一昨日の昼食が思い出せないなどです。

 

同じように、キャバクラで連絡先を交換しても、お客さんからしたら特別な事ではないので明日には誰と連絡先を交換したのか思い出せないなんてよくあります。

 

この忘れられる原因は、連絡先を交換したことに理由がないからです。

 

ですが、先程のようにご飯に行く約束をしてから連絡先を交換することで理由付けが出来るようになります。

 

これだけで記憶に残る可能性は、格段に上がります。

 

 

重要なのはテクニックではなく気持ち

 

この連絡先交換に関しては、テクニックより自分のメンタル的部分が重要になることが多いです。

 

連絡先を自ら聞く事を、常に行えるメンタルの維持を出来るようになりましょう。

 

近々、めんどくさいことでも行えるメンタルの作り方も更新する予定なので、よろしくお願いします。